新人看護師あるある

看護師

国家試験に合格し、晴れて看護師になったみなさん!

 

おめでとうございます。

 

これから始まる、看護師生活。

 

中でも、新人看護師のあるあるをまとめてみました。

 

病棟の恐い先輩におびえる

どの病棟にも、必ずと言っていいほど、恐い先輩がいます。

 

いい意味で恐い先輩と、意地悪系の恐い先輩がいるはず。

 

優しい先輩ももちろんいるので安心してください。

意地悪な先輩に理不尽なことを言われたらプリセプターや上司に相談しましょう。

 

新人看護師は涙を見せちゃいけない?理想と現実のギャップ

新人看護師が転職するのってどう?合わない職場より合う職場を!

 

どの先輩も忙しそうで話しかけにくい

基本的に、看護師不足な世の中なので、病棟はバタバタとしています。

 

ナースステーションに、スタッフが誰もいない、なんてこともあるかもしれません。

 

しかし、入職したての新人さんは、何をするのも報告・相談が必須。

 

介助やケアをする際も、先輩の見守りが必要になるので、先輩を捕まえないといけない状況です。

 

なのに、先輩がいない…(笑)

 

しばらくは、学生のころのように、先輩を探すことになりそうです。

 

新人看護師が起こしやすいインシデントは?知っているだけで防げることも!

 

日勤ばかりで体力が持たない

新人さんは、まずは、日勤業務や部屋持ちを通して、ケアや処置を学んでいきます。

 

なので、しばらく日勤が続くはず。

 

看護師の日勤業務が、5日続くと、めっちゃきついんです。

 

3日勤は耐えられるけど、4日勤は無理…。

足はパンパン…気も使ってるから、毎日くたくたになるでしょう…

 

思ってるより少ない給料

看護師と言えば、高給!

 

というイメージがあるでしょう。

 

しかし!看護師の給料が高いと言われるのは、夜勤をしてこそです。

 

夜勤をしていない状態の新人さんは、驚くほど少ない給料にびっくりするでしょう。

 

新人看護師はいつから夜勤に入るの?初めてはどんな感じ?

できることが少なくてショックを受ける

実習をクリアし、国家試験に合格しましたが、やはり、現場に出ると自分自身の無力さを実感します。

 

トイレ介助や清拭、オムツ交換にもあたふたすることでしょう。

 

私も、初めて嘔吐している患者さんを見つけたとき、パニックになった経験があります。

 

初めは、それでいいと思います。

 

毎日病棟に出ていれば、必ず、少しずつ、できることが増えていきます。

 

もし、患者さん何かトラブルが発生していたり、様子がおかしい場合は、患者さんのそばを離れず、ナースコールやスタッフコールで応援を呼びましょう。

 

患者さんと話すのは楽しい

学生のころのように、長時間、ひとりの患者さんと関わる時間はありません。

 

しかし、その中でも、患者さんと話をすることで、楽しさを感じることもあります。

 

積極的に患者さんと話すことで、信頼関係が出来たり、患者さんのニーズに気付くことが出来るきっかけとなりますよ。

 

まとめ

新人看護師あるあるをまとめてみました。

 

これから先、色々な患者さんに出会い、様々な経験をしていく新人看護師さんたち。

 

看護師は、自分を犠牲にして頑張ってしまう方が多いです。

 

患者さん健康も大切ですが、まずは自分自身を大切にすることを忘れないでくださいね。

 

新人時代は、混乱やしんどさが強い時期ですが、ストレス発散しつつ、楽しんで看護が出来るよう応援しています。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました