看護助手のメリットは?看護学生にとっていいことが多い!

看護学生

 

看護師のyukinoです。

看護学生の皆さんは、学校内の演習で看護技術を学んでいると思います。

演習で学んだことを実習で患者さんに実施するわけですが、これがまた難しいんですよね。

指導者や看護師の前で全身清拭なんてしたら、汗だくになるし、準備物と手順で頭はパンパンになりますよね。

看護技術に不安がある学生のあなたに、看護助手についてお伝えしていこうと思います。

看護助手のメリットは?

看護助手って何をしているか知っていますか?

厚生労働省は「看護助手は看護師長及び看護職員の指導の下に、原則として療養上の世話(食事、清潔、排泄、入浴、移動)のほか、病室内の環境整備、ベッドメイキング、看護用品及び消耗品の整理整頓等の業務を行うものとする。」としています。

この内容を見て、看護学生にぴったりだと思いませんか?

食事介助、清潔介助、排泄介助はいくら学校内の演習で学生同士で練習しても、実践に勝るものはありません。

患者さんによって、介助方法や援助計画は無限大にありますが、ある程度「型」があります。

例えば、嚥下障害のある患者さんだったら、食事にとろみがついていることがあります。

ということは、「誤嚥のリスクが高い」ということが、看護学生ならわかるはずです。

誤嚥のリスクが高い場合は、首の角度はどうするべきか、食べるスピードは速すぎないか、嚥下できているか、むせていないかなど、「嚥下障害がある人はここを観察すべし!」っていう観察のポイントがありますよね。

観察点は、教科書にも載っていますが、文字で見るのと実際に目で見るのとでは大きな差があります。

また、病院にはST(言語聴覚士)もいますので、嚥下の観察について、気になることがあったら、質問してみるといいと思います。

食事介助だけでなく、清潔・排泄介助についても、どの様なADLだったら、どんな関わりをするべきかが、わかってきます。

ということは、看護助手として働くことで、看護師としてやっていくための、看護技術が手に入るということなんです!

しかも、看護助手として勤務するので、給料が発生します。

パート・バイトだと時給1000円前後のところが多いようです。

さすがに、実習が多い3年生で働くことは厳しいと思いますが、1~2年生の間にバイトをする際、看護助手は結構おすすめですね。

バイトをしながら、技術が手に入り、お金も手に入ります。

そして、患者さんとのコミュニケーションをとる練習にもなります。

また、病院・病棟の雰囲気も知ることが出来ます。

病院の雰囲気をチェックすることは大切ですよ。

就職するときの判断材料になるので、学生のうちからチェックしておきましょう!

病院によって看護師が働きやすいか、メンタルを病むほどつらいか、大きく分かれてきます。

良い病院の見つけ方についての気になった方は、チェックしてみてください。
看護師が働く良い病院の見つけ方は?こんな病院は注意!

看護助手として働くメリットをちょっとまとめてみます。

・苦手な看護技術が身につく。
・給料をもらいながら学べる。
・患者さんとのコミュニケーションのコツがわかる。
・病棟の雰囲気がわかる。

こんな感じですね。

看護助手の他におすすめのバイトは?

私自身、看護学生のころに2つバイトをしていました。

1つはアイスクリーム屋さんで、もう1つはスポーツジムです。

アイスクリーム屋さんはただ単に、アイスをつまみ食いしたかったから(笑)で、スポーツジムは人とコミュニケーションを取りたかったからです。

私はもともと、コミュニケーションが苦手でした。

初対面でも喋れるんですけど、深いところまで聞くのが苦手だったんです。

そこで、人とたくさん話すバイトはないか考えた時に、思いついたのがスポーツジムだったんです。

スポーツジムって、健康な成人がたくさんいますよね。

嫌でも、コミュニケーションをとると思ったんです。

実際、陽気なおじさんおばさんとたくさんコミュケーションを取り、体の悩みについても話してもらえるような信頼関係を気付くことが出来ました。

また、筋肉やトレーニング、ストレッチについても学ぶ機会があるので、看護学生としていい面もありました。

自分のシフトがオフの時は、事務を無料で使えるという特典もあったので、健康な成人とコミュニケーションを取りたい人や運動に興味がある人にはおすすめですよ。

学生の時は、バイトで「看護助手」という選択肢を思いつきませんでした。

看護師になった今、学生時代のバイトについて考えてみたら、「看護助手やってみたらよかったな」と思ったわけです。

1~2年生の間に看護技術を習得していれば、実習中にあんなに焦ることはなかったのかもしれないなと思います。

だたでさえしんどい実習ですからね。

ケアの時間に体力を消耗せず済むのなら、体力温存できますしね!(笑)

やっぱり、看護助手がおすすめかもしれません!

まとめ

看護学生がバイトで看護助手をすることは、メリットが多いと思います。

デメリットをあげるとしたら、「生活が看護漬けになる」ってことですかね。

看護は学校だけでいい!って考えているならやめたほうがいいかもですね!(笑)

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました