看護師って性格がきつい!なんでなの?

看護学生

看護師のyukinoです。

看護師って性格がきつい、恐いってイメージはないですか?

私の周りにも、先輩でいつもピリピリしていて、話しかけにくい人はいます。

なぜ、恐いオーラを放っているのか。
私なりに考えてみました。

看護師ってなぜ性格がきつい?

看護師全員が恐かったり、性格がきついってことはないですよ。

普段、優しくてほわんとしている人もたくさんいます。

ずっと怖い顔をしている人もいますけどね。

どんなにほわんとした看護師でも、言う時ははっきり自分の考えを言います。

看護師は、「自分の考えをしっかりはっきりと持つこと」「その意見を人に伝えること」を学生の間から鍛えています。

自分の考えを持つことって、看護をするうえで、とても大切なことなんです。

患者さんにケアをするときって、何をするにも、きちんとした理由が必要となってきます。

例えば、
「お腹の検査をするため、腸の中を空っぽにする必要があります。だから下剤を飲んで便を出します。」

「血圧が高いので、血圧を下げるお薬を飲みましょう。」

など、理由があるからケアができるんです。

理由もないのに「何となく気分で注射しときまーす。」「めんどくさいので傷の手当てやめときます。」なんて言う看護師がいたら、恐怖の対象ですよね。

また、ケアの必要性があれば、ケアを実行するために患者さんに必要性を伝えます。

患者さんによっては、ケアを拒否する方もいます。

本当に必要なケアであれば、なぜ、そのケアをする必要があるかを、納得してもらえるまで説明します。

患者さんの協力がなければ、看護はできませんからね。
譲れないところは、譲りませんよ!(笑)

医療や看護の知識を持ち、ケアが必要か判断します。
そして、それを患者さんに伝え、日々看護業務をしているんです。

だからでしょうか、私生活でも、必要と思ったら無視できないし、不必要と思ったらしたくないんですよね。

人は、自分のなかに「譲れない何か」があると思います。
「信念」っていうんですかね?

看護師はこの信念ってやつをなかなか曲げたくないんです。

強い信念を持っている人ほど、絶対に折れないし、こっちが折れるまで、意見を主張してきます。

これが、看護師って性格きつい…恐い…って言われる理由何ではないかなと思います。

まあ、ただ単に性格悪い人もいますけどね!(笑)

なぜ病院で働く看護師は恐いオーラを放っている?

仕事中の看護師は、かっこよく見えるけど、歩くの早いし、恐い顔をしていて話しかけにくいですよね。

これには理由があります。

やることがいっぱいあるんです。

なのでずっと、頭の中では「今からこれして、次はあれして、その次はあれとあれ…」と、常に頭の中はパンク状態です。

それに加えて、点滴やお薬、処置など間違えると、患者さんの命に関わる作業をしています。

この状況をニヤニヤしながら過ごせるでしょうか?

無理でしょう。

特に、新人のころなんて、何をするにも脇汗だらだらになるくらい、緊張して集中してやっていました。(笑)

仕事中はほんとにみんな必死なので、恐い顔をしていても、怒っているわけではありません。

用事や質問があれば声をかけて全然OKです。

仕事中は恐い顔した看護師も、仕事が終われば陽気な女子に変わりますよ。

基本的に人が好きで看護師になった人が多いと思うので、楽しい人たちが多いです。

まとめ

看護師は気がきついと言われる理由について考えて、お伝えしてみました。

気がきつくても、話の筋は通っている場合が多いんではないでしょうか。

看護師も職場を離れたら、楽しい人が多いです。

恐そうでも、話しかけてあげてください。(笑)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました