看護師はなぜ実習中の学生を無視するの!?

看護学生

看護師のyukinoです。

実習のとき、朝や帰りの挨拶、休憩の声掛けをする際に、完全に無視してくる看護師っていますよね。

あれってすごく悲しくなります…

なぜ無視するのでしょうか。

どうして学生の挨拶を無視するの?

病棟の看護師も全員経験してきた学生時代。

挨拶の時に無視されたことがあるはずです。

その時の嫌な気持ちを忘れてしまっているのでしょうか。

学生を無視する理由について調査してみました。

私のころは病棟はもっと厳しかった!

年配の看護師の意見として、今は病棟や指導者は昔と比べてかなり優しくなっているみたいです。

昔は挨拶の無視は当たり前、理不尽にキレられたり、睨まれたりということも普通にあったようです。

「学生にかまう余裕があるなら、業務に集中しなさい」という無言の圧力もあったらしい…

その経験があったから、学生への対応が冷たいみたいです。

私からすれば、自分が嫌な思いをしてきたからこそ、後輩たちに同じ思いをしないように、対応を変えるべきだと思うんですけどね。

病棟によって、かなり差があると思います。

どこの病棟の雰囲気がよかったか、優しかったか、恐かったかを学生のうちからチェックしておいてください。

学生への対応は、新人看護師への対応と同じになってきますよ。

また、学生だって人です。
人を無視する看護師が患者さんに正しく接することが出来ているのかも疑問に思ってしまいます。

 

新人で自分の業務に必死!学生さんに対応する余裕がないの…

自分の業務に必死の時は、まわりへ気配りする余裕がないかもしれません。

看護師ですから、点滴や薬などを確認する作業があります。

この作業中に話しかけられると、間違う可能性があるので、学生に反応できないかもしれません。

特に新人だと、業務に慣れていない分、ニコリともできないかもしれません。

人手がなくて本当に余裕がない!ごめん!

看護師の人数が足りていないとき、一人の看護師が担当する業務の量がえげつないことがあります。

処置、点滴、観察、指導などに追われて、記録が全然できていないときは、残業したくないので、まわりの音が聞こえないくらいパソコンをたたいているときがあります。

残業がかかっているときの集中力はハンパないです。

本当に余裕がないときがあることを知っておいてください。

無視してくる病棟は就職先として避けるべき!

無視してくる病棟もあれば、学生の挨拶の時には、手を止めて学生の挨拶をきちんと聞いてくれる病棟もあるはずです。

急変があったり、看護師の人手が少なくてバタバタしていたら話は別ですが、学生があいさつする時間くらい作れます。

その時間を作らないということは、看護師の先輩としてどうかと思いますよね。

きっと、そんな看護師がいる病棟へ配属になったら、新人のことは後回しで、自分の仕事優先に行動されそうです。

人間関係は重要ですからね。

気のきつい人が1人いるだけで病棟の雰囲気はガラッと変わりますよ。

まとめ

病棟看護師が学生を無視する理由についてお伝えしました。

本当に余裕がない場合と、看護師の性格が悪い場合があります。

学生のうちに病棟の雰囲気をチェックしておいて、雰囲気が悪いところは、就職希望を出さないようにすることをおすすめします。

あなたが看護師になった時、学生さんには優しく接することが出来る存在になってください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました